平成22年度同窓会学術特別賞の授与について

平成22年度も、物理学科の卒業研究は秀作揃いでした。物理学科の先生方からのご推薦を得て、同窓会から物理学科卒業生3名に、同窓会学術特別賞を授与させていただきました。本年度の受賞予定者は下記の通りです。
同賞は平成22年度卒業証書授与式(3月22日)の際に学科長の藤下豪司先生より授与させていただきました。なお、卒業生の総意により、今年度の謝恩会は中止し、その予算を東北関東大震災の支援に当てたそうです。

福田 真悟 (生物物理研究室)
「蛍光顕微鏡複合型高速AFMの開発」

金古 岳史 (テラヘルツ領域物理学研究室)
「非中性プラズマの閉じ込め時間評価」

多谷 知哉 (理論物理学研究室)
「コールドダークマターの宇宙観測から予測される質量」

今後の皆さんのご活躍を期待いたします。

金沢大学理学部物理学科同窓会幹事一同
H22年度授与風景、受賞者(H22.3.)
H22年度授与風景、福田真悟さん(H22.3.)
H22年度授与風景、金古岳史さん(H22.3.)
H22年度授与風景、多谷知哉さん(H22.3.)

金沢大学誕生の地石碑除幕式に参加しました。またKKRホテル金沢にて物理学科同窓会総会が開催されました

2010年11月6日に金沢大学誕生の地石碑除幕式に参加しました。

またKKRホテル金沢にて物理学科同窓会総会が開催されました。ご多忙の中、多数の同窓生のご参加をいただき感謝申し上げます。
総会の議事詳細および、写真などを取りまとめましたので掲載させていただきます。

1)総会にご参加いただいた方々
同窓会総会にご参加いただいた方々は以下のとおりです。ご来賓をはじめ、ご参会いただいた同窓生の方々におかれましては、ご多忙にもかかわらずご足労いただきましたこと、謹んで感謝申し上げます。

御来賓(7名)

旧職員 竹村松男 先生
旧職員 堀 尚一 先生
旧職員 増崎 克 先生
旧職員 石原 裕 先生
旧職員 問谷元子 様
旧職員 中川寛子 様
金沢大学物理コース長 藤下豪司 先生
同窓生(敬称は略させていただきました)(89名)

学部卒業生(大学院修了含む)
卒業年 参加者数
昭和29年 1名
昭和31年 1名
昭和33年 2名
昭和34年 4名
昭和35年 2名
昭和36年 3名
昭和38年 5名
昭和39年 6名
昭和40年 1名
昭和41年 3名
昭和42年 2名
昭和43年 1名
昭和44年 2名
昭和46年 3名
昭和48年 1名
昭和49年 2名
昭和50年 1名
昭和51年 1名
昭和52年 1名
昭和53年 1名
昭和54年 2名
昭和58年 1名
昭和59年 3名
昭和60年 1名
昭和61年 1名
昭和62年 1名
昭和63年 1名
平成3年 1名
平成4年 3名
平成5年 1名
平成7年 5名
平成9年 2名
平成10年 2名
平成11年 5名
平成12年 1名
平成15年 1名
平成20年 1名
平成20年 3名
大学院修了者(他大学学部卒)
修了年 お名前
昭和44年 3名
昭和46年 1名
昭和53年 1名
昭和54年 2名
昭和56年 1名
昭和57年 1名
平成1年 1名
平成6年 1名

2)総会で配布した資料(抜粋)。資料はpdf形式です。
siryou_H22.pdf (158.4 KB)

3)総会議事録。
2010年11月6日同窓会総会議事録

簡単ではありますが、総会の議事録を掲載させていただきます。

金沢大学理学部物理学科同窓会総会議事録

平成22年11月6日(土)

場所:KKRホテル金沢
日時:平成22年11月6日(土)午後18時30分から

1:報告事項
  ア)司会者より参加者数の報告がなされた。参加者(来賓除く)89名であった。
  イ)現同窓会長樋渡樋渡保秋氏より現役員の紹介が行われた。各役職は以下の通りである(敬称略)。
    会 長:樋渡保秋
    相談役:堂井吉昭、井上三郎
    幹 事:河田修二、大橋信喜美、安達正明、松田吉弘、岡本博之

2:審議事項
  ア)樋渡会長より配付資料に従って、金沢大学の組織改編に伴うこととして、①同窓会会則の変更、②理学部同窓会の立ち上げ、の2点について提案が行われ、次期役員に一任することとなった。新役員は具体案を、次回の総会までに決めることとなった。
  イ)樋渡会長より、新役員候補の紹介が行われ、満場一致で承認された。新役員は以下の方々となった。
    新役員(敬称略)
    会長:安達正明(昭和49年卒)
    幹事:川本康詔(平成5年卒)、野上直樹(平成7年卒)、松田吉弘(平成7年卒)、岡本博之(平成元年修了)
    他に新幹事の判断により若干名の幹事を追加することとなった。
  (追加報告:後日、新会長安達正明氏と幹事岡本博之氏が、「宮田敬太郎氏(平成3年卒業)」に幹事就任を依頼したところ、快諾が得られた。)

3:その他
 樋渡会長から御来賓の方々に、在学中からこれまでの感謝を込めて、記念品の贈呈が行われた。

以上

文責 幹事 岡本博之

4)総会の風景

2010年11月6日金沢大学理学部物理学科同窓会総会

物理学科同窓会幹事一同

平成21年度常任幹事会を開催しました

H21年度第1回
さる3月28日(日)、金沢市KKRホテル金沢アイビス(洋食の店)において、平成21年度物理学科同窓会常任幹事会を開催しました。下記の内容が話し合われました。

物理学科同窓会総会の開催について
平成22年11月6日(土)に同窓会総会を開催することになりました!
同窓会名簿の発行と配布について
同窓会入会時期と会費について
会長および役員の交代について

常任幹事会出席者 樋渡 保秋(会長)
堂井 吉昭(相談役)
河田 脩二(幹事)
大橋 信喜美(幹事)
安達 正明(幹事)
岡本 博之(幹事)
松田 吉弘(幹事)

物理学科同窓会石川支部大会

2007年3月17日に行われました、金沢大学理学部物理学科同窓会石川支部大会の様子を掲載いたします。懐かしい方々と会えて、会話も弾みました。

2007年3月17日に行われました、金沢大学理学部物理学科同窓会石川支部大会の様子を掲載いたします。懐かしい方々と会えて、会話も弾みました。

平成18年常任幹事会を開催しました

H18年度第1回
さる5月29日(月)、金沢市尾張町エバンス (イタリア料理の店)において、物理学科同窓会常任幹事会を開催しました。下記の内容が話し合われました。

北陸3県在住者での同窓会開催について
同窓会名簿の発行について
物理学科4年生の卒業研究に対する表彰について
同窓会関係書類の保管について

常任幹事会出席者
樋渡 保秋(会長)
堂井 吉昭(相談役)
井上 三郎(相談役)
河田 脩二(幹事)
大橋 信喜美(幹事)
安達 正明(幹事)
岡本 博之(幹事)
松田 吉弘(幹事)
常任幹事会(H18.5.29)

大橋信喜美先生退職記念事業

大橋信喜美先生退職記念祝賀会について
大橋信喜美先生には平成一八年三月末日をもって定年退職を迎えられることになりました。先生は昭和四一年より四十数年にわたり金沢大学の発展に尽力されました。また、同窓会幹事としても、総会の開催、名簿作成など煩雑な仕事を快く引き受けていただいておりました。

同窓生一同、大橋先生の多年にわたるご活躍とご功績を称え、感謝いたしたいと存じます。さる五月一三日、大橋先生ご夫妻をお招きした記念祝賀会では五〇名を超える多数の方が参加されました。同窓生の皆様へ祝賀会の様子をお知らせいたしたいと存じます。

2006年5月13日大橋信喜美先生退職記念祝賀会

大橋信喜美先生最終講義について
平成一八年三月十六日金沢大学理学部にて、大橋先生の最終講義が開催されました。同窓生の皆様へ最終公演の様子をお知らせいたしたいと存じます。
今後とも物理学科同窓会活動へのご協力の程お願い申し上げます。

いつものごとく面白い話題満載でした。

説明にも熱が入ります。

本当にお世話になりました。

川島さん退職記念事業

十数年の長きに渡り、物理学科の教室事務をお願いしておりました
川島好枝様におかれましては、2006年3月末日をもって退職なさいました。川島さんにはこれまで、卒業研究、修士論文作成等において一方ならぬご配慮を受けた方も多いことと存じます。

つきましては、これまでに賜わった数々のご恩にわずかでも報いるため、同窓会からお礼の品をお贈りすることとなりました。そこで過日3月8日、大橋信喜美同窓会長代理が川島さんのご希望を伺い、「デジタルカメラ」を贈呈させていただきました。写真のように大変喜んでいただけましたことを、併せてご報告させていただきます。

同窓生の皆様へは事後のご報告となりましたことを、お詫び申し上げます。
今後とも物理学科同窓会活動へのご協力の程お願い申し上げます。

金沢大学理学部物理学科同窓会幹事一同

同窓会総会のご報告

皆様におかれましては、平素より物理学科同窓会活動へのご協力ありがとうございます。さてこのたび、同窓会総会を平成17年11月5日、KKRホテル金沢にて開催させていただきました。

総会では議案

同窓会長の交代
常任幹事会の設置
物理学科長への同窓会顧問の依頼

が承認されました。
今後とも皆様のご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
金沢大学理学部物理学科同窓会幹事一同
名簿作成に当たってお願い
数年後を目処に物理学科同窓会名簿の発行を計画しています。皆様方の連絡先を同窓会にご欠席の場合でも併せてお知らせいただけますよう、よろしくお願いいたします。
同窓会長 樋渡保秋

同窓会会長就任挨拶

同窓会会長就任挨拶

平成17年3月吉日

樋渡保秋(第12回卒業、現金沢大学大学院自然科学研究科・理学部・教授)

この度、堂井吉昭前会長の後を引き継ぎ金沢大学理学部物理学科同窓会長に就任することになりました。会員の皆様におかれましては全国各地でそれぞれご活躍のことと存じますが、同じ大学学部学科を卒業・修了した同窓会会員の皆様にこの場をお借りして一言ご挨拶申し上げたいと思います。
金沢大学も既に開学50周年の節目を終え、次の60週年に向け時が過ぎようとしています。この間には実にいろいろのことがあり、50年を超える時の流れの中で生じた変化も止む得ない出来事でしょうか。小生が金沢大学に入学したのが1960年の4月ですからそれからでも既に45年の時日が経ったことになります。自分は学生から現在までずっとこの金沢大学にお世話になり、それ故、人一倍この時の経過を実感として受け止めることができるような気がします。学生の変化、先生の変化いずれも大学から離れている皆様からは想像以上のものがあります。加えて、昨年来の国立大学の法人化による影響もそろそろ具体的に見えるようになり、今後あり得る大学の変化はそれこそ想像することすら困難な状況です。
我が同窓会に関する最大の課題は、同窓会それ自体の存在感の低調さではないでしょうか。このことの反省から始めて行く必要があるように感じておりますが、如何でしょうか。同窓会の役割としては、(1)会員同士の交流、(2)会員と在学生との交流、(3)会員と社会の適切なかかわり、などがあろうかと思いますが、これらのいずれにおいても同窓会の活動は低調であると自己反省せざるを得ません。これを原点として、今後同窓会が行う種々の行事について会員諸兄と一緒に考えて行きたいと考えておりますので、何卒宜しくお願い致します。会員の個人情報に関するデータベース作成についてもできれば早急に行いたいと思います。これは特に会員同士の連絡・交流に最適な手段かと思います。
金沢大学では大学全体の同窓会の創設についても議論が始められていますが、それは各々の学部・学科の同窓会組織がしっかりと機能している前提の上に横の連携が有機的に働いて始めて有意義なものとなることですから、いずれにしても我が物理学科同窓会の足腰を強くすることが最優先課題と考えます。ここに、会員各位のお知恵をいただきたく思う処であります。