堀尚一先生のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます

金沢大学物理学同窓会会長
安達 正明

堀尚一先生は9月14日に94才で天寿を全うされました.18日の10時から予定されていたご葬儀には安達は所用で出席できないので17日午後7時からのお通夜に参列しました(金沢メモリアルホール).

読経とご住職のお話のあと,堀先生のご長男の堀直樹様からご挨拶がありました.先生は富山県高岡市のお生まれで飛び級で東大へ進み流体工学を学んだ後,京都大学で湯川先生や朝永先生の近くで軍事技術と関係しない素粒子を研究され,その後に金沢大学へ移られたとのこと.そして長年のまた多くの理論物理の研究等に対して平成12年11月3日に天皇陛下より勲二等瑞宝章を授与されたとお話されました.

安達は学部3年か4年の時に相対論的量子力学に関係する授業を先生から受けたと記憶しています.テニスの練習にも一度加えて貰った記憶があります.ご存じの方も多いと思いますが,先生は研究に加えてテニスも深く愛好されていました.1987年の退職後も金沢大学の黒門テニスクラブの各種イベントにはずっと参加されていたようで,列席されていたテニス関係者はつい2,3年前の忘年会までにも参加されてたと言っていました.そう言えば2015年の物理学同窓会総会に来賓としておいでいただきました折りには,テニスの試合でかなり無理をしたために膝を痛めてしまったと少し前までテニスをされていた感じでお話しをされました.

お通夜には,金沢大学の物理系から現役の青木先生,末松先生,退職された先生としては樋渡元物理学同窓会会長,そして2年少し前に安達と同時に定年退職になった鎌田先生,藤下先生,そして問谷さんその他の方々のお顔を拝見しました.18日のご葬儀に参列した同窓会役員の岡本先生からは,上記の方々に加えて元物理学同窓会役員の大橋先生,退職された直江先生や理工研究域の大橋政司先生などのお顔も拝見しましたとの連絡がありました.本当に長い間,多くの卒業生のご指導をありがとうございました.ここに謹んで心からご冥福をお祈りいたします.

堀尚一先生が亡くなられたとの御連絡を受けました

理論の研究室の末松先生からご連絡がありました.

ご葬儀について情報は以下の通りです。

お通夜 9月17日(月) 19時から
ご葬儀 9月18日(火) 10時から

場所 金沢市旭町 メモリアルホール アネックス 076-223-1311

取り急ぎよろしくお願いいたします.

若狭昭先生のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます

金沢大学物理学同窓会会長
安達 正明

若狭先生はH30年8月15日に享年87歳でお亡くなりになり,8月17日11時よりご葬儀が金沢駅前のサンレー金沢紫雲閣で執り行われました.

若狭先生は金沢大学物理学科の2期卒業生でして,金沢大学へは教養部にお勤めになった後,理学部物理学科へ移られて長く教壇にお立ちになられました.先生は学生の理解力を考えて丁寧に授業をされ,また大変穏やかなお人柄で,学生達から広く慕われてました.このため理論の研究室に所属しなかった卒業生も穏やかな若狭先生のことを記憶されていることと思います.そこで,奥様から若狭先生の金沢大学定年退職後のご様子をお聞きし,ここに簡単ですが紹介させて頂きます.

若狭先生は退職後は63才から77才まで14年間にわたり放送大学の学生として,民法や社会学,語学その他の色んな学門を興味を持って広く勉強されていたとのこと.そして最後の頃は放送大学の物理の試験でもあまり満足のいく点数を取れなくなったのを機にやめられたとのことでした.一方でテニスも楽しんでおられましたが,足が痛くなってからは,それもできなくなり読書や数字のパズルを解くことなどに楽しみを移されていたとのことです.本当にあまり動けなくなった後は車椅子を利用されるようになり,施設にも3年ほど入っておられ,その間ショートステイでご自宅にも帰ってこられていたとのことです.そのようにしながらお過ごしでしたが,ご逝去の数日前に誤飲性肺炎で急遽入院され,あっという間に病状が悪化して最後は心不全でお亡くなりになったのとことです.

ご葬儀ではお孫さん達が連れ添っておじいちゃんの思い出を涙ながらに語って下さいました.そして奥様もご家庭での先生のお人柄を語られ一度も怒られたことがなかったと話されました.安達も葬儀会場でご家族から若狭先生の思い出をお聞きするにつれて,学生時代だったころの若狭先生のお姿やお言葉が脳裏にくっきりと浮かびました.参列者として物理学科から現役の青木先生,そして退職されている,鈴木恒雄先生,また旧教養部にも長く居られた馬替先生,物理の事務を長くされていた問谷さんもおられました.若狭先生は葬儀は近しい人だけでやって欲しいと生前話されておられ,奥様はそのようにされたとのことでした.また,いま物理の事務をされている西川さんはご家族から連絡を受けて後,若狭先生の研究室で勉強されていた卒業生にも分かる範囲でお知らせの電子メールを出しましたが殆どは配達できないで返ってきたとのことでした.葬儀では遠方に居られる卒業生数名からの弔電が披露されました.

ここに若狭先生のご葬儀の様子や奥様からお聞きした生前の様子をつたない文章にして,皆さまに広くお知らせすると共に,若狭先生のご冥福を心から深くお祈り申し上げます.